フランス旅行お役立ち

フランスでスリにあったら撃退方法はある?見分け方やスリ防止策を紹介

更新日:

せっかくのフランス旅行。トラブルなく楽しい思い出だけで帰ってきたいですよね。

わたしは仕事上、日本から来たお客様をご案内することが多いのですが、日本人はやはりスリに狙われていることに、事前に気がつくことが多いです。

今日は、旅行前にスリにあったときの対策を立てておきたい方のために、わたしの経験から、スリにあったときの撃退方法や、スリに遭う前の見分け方や防止策についてお話します。

スポンサーリンク

フランスでスリにあったら撃退方法はあるの?

人通りの多いところで、近づいてくる若い子たちの集団には、追い払う方法があります。

「英語話せますか? Do you speak English?」などと声をかけてきたら、はっきり「NO」といい、厳しい顔をして遠ざかります

だいたいこれで近づいてこないはずですが、しつこい子達も中にはいるので、その場合は軽く走って逃げてください

フランスの街中で走っている人を見かけることはほとんどないので、走っている人は人目を引きます。目立つのを嫌う彼らは追いかけてくることはありません。

 

一方、フランスで暴力を伴うスリは、人通りの無いところで行われるのがほとんどです。

殴り返した、という知人はいますが、かなりケガはおったようですし、わたしはおすすめしません。

日本と違って、たとえパリの中でも夜は人通りがほとんどないところはたくさんありますし、そのあと重大なケガをおって動けなくなってしまうと、処置をしてもらえるまで時間がかかってしまうことも考えられます。

パリの中心部でさえ、昼間でもこの通り人通りがないところがあります。スリの女の子たちが先日ここでミーティングをしているのを見かけました。

この場合は撃退をかんがえるより、その後の処置を考えたほうがいいです。

 

防犯ブザーを鳴らしても、効果はありません

なぜはっきり言えるのか?それはよく駐車している車やバイク を触ったときに反応するサイレン音が鳴っていますが、その音を聞いた誰かが反応しているのをみたことはまったくないからです。

少なくても誰かがその音を聞いて、助けに来てくれることはないと思ってください。

 

しかし正直、被害にあった方は、いつやられたのかよくわからないことがほとんど

わたしも一度だけリュックの中から財布を盗られたことがあるんです。

あの中には、たまたまフランス全国のレストランで使えるレストランチケットが200ユーロ分ほど入っていて・・・痛かったなぁ。。

もうこちらに住んでしばらく経っていたし荷物には気をつけていたはずなのですが、当時まだベビーカーを使っている子供がいたこともあって、狙われていたんだと思います。

しっかり抱えていたはずのリュックからバスでやられたのか、通りで抜かれたのか・・・思い当たらないのです。

ただ、被害にあう前に、ある程度はスリの見分け方はあります。どんなふうにわたしがスリを見分けているか次にご説明しますね。

 

フランスのスリの見分け方は?

20年ほど前のフランスのスリは、全体薄汚れた格好を人たちが多かったので、身なりでわかりやすかったのですが、最近は小奇麗にしているので、格好だけではわかりません。

それから最近ではシリアからの難民の方々もいるので、この方達は何もしないけれど、身なりからだと私達にはわかりにくい。

 

それではわたしはどうやって見分けているのか?

 

まずお客様と歩きながら、ジプシー系の若い2−3人組の女の子たちがブラブラしていないか時々気を配ります。

彼らは小さいショルダーバックを持っていることがあっても、スリ稼業のためたいてい両手が空いてます

そしてわたしたちのどこかにすきがないか、かなりギラギラした目をして見回しています。

お客様が大勢いらっしゃるときは、「近くにスリがいますよ〜」とお声がけすると、みなさん改めて荷物を気をつけ始めますので、彼らもわたしたちが自分たちに気がついたことに気がついて追ってくることはないです。

スポンサーリンク

友達や家族の場合には「まずい、あれはスリだ」と言って彼らをみて、ちょっと歩く方向を変えたりします。

ともかく、こちらが気がついたと知ると、彼らはさっと引きますので、スリ防止策のひとつになります。

 

その他、フランスでのスリ防止策は?

スリに遭うのは、歩いているときだけではありません。バスやメトロでもスリに遭うことも多いのは、ご存知のとおり。

 

メトロでは、扉があいて閉まるまでが彼らの仕事時間です。

わたしの両親が遭ったときのように、一緒に乗客のふりをして乗ってきて、油断している人を何気なく囲んで一気にかばんを開けたり、ポケットに手を突っ込んだりして、財布や現金を盗って、閉まる前に出ていくのが手口です。

かなり短時間の作業でびっくりですよね!

両親のときはわたしが一緒にいたので気がついて、大声で「お父さん、お母さん、スリ!」と叫びましたし、彼らは電車が来るたびにそのホームで同じことをしていたと思われ、父と母の財布の場所を知らなかった精度の低いスリだったわけですが、

多くのスリはターゲットを定め、その人の財布の出し入れを事前にチェック、財布をどこに閉まっているかをみているわけです。

特に人が多いところでは誰がどこでみているかわからないので、財布はかばんのさらにチャックが閉まる場所に入れておくか、

逆に財布しか入りそうもない小さなポシェットに入れて、ともかく手で上からしっかり抑えておくことです。

また過去に、見かけは全くジプシー系でもなんでもない中年の男性にスリをされそうになったこともあります。

このときは冬で、かばんの上からダウンを置いて、上から手で抑えていましたが、混んでもない電車でなんで隣に人が座るんだ?と気になったときに、

ダウンの下から指が入ってくることに気が付きました。履いていたのがジーンズだったので指の感触がわかったのです。

このときはさっと席を移動したら、その人は大慌てで逃げていきました。

かばんの上から厚手の上着をかぶせるのも一見防止になりそうですが、実は危険。

 

ともかくしっかりかばんを直接手で上から抑えておくことがスリの一番の防止策です。

 

まとめ

フランスのスリは、クレジットカードはほとんど狙いません

だいたい止められるのはわかっているし、手がつくのを恐れるからです。

 

わたしが1度だけやられたときは、現金と財布とレストランチケット以外は、なんと差出人不明の郵便で全部戻ってきました。

滞在許可証や運転免許証が入っていたので、捨てられていた中身を親切な方が証明書の住所を見て送ってくれたのかもしれませんが、

銀行のカードでもあるクレジットカードもその時一緒に返ってきました。

 

もしスリ被害にあってしまっても、被害は最大限おさえられるように、

スリ被害を最小限に抑えるポイント
  • 大金の現金は持ち歩かない。
  • 日本の財布や証明書、日本でしか使わないカードをしょっちゅう出し入れしないようにし、現地で使うカードや少額の現金を入れる小さい財布を別途用意する。
  • 免税手続きが必要な買い物をするとき以外はパスポートは使わないので、コピーを持ち歩くことにして、ホテルの貴重品入れを活用する。

という対策をとっておきながら、

[colored_box color="light-red" corner="r"]
  • 怪しいと思った人が近づいてきたら、何を言われてもNO。少し小走りして逃げる。
  • 歩きながら時々、目がギラギラした若い女の子たちがブラブラしていないかチェック。
  • 財布の出し入れを最低限にする。かばんは上着など被せず、直接しっかり手で抑えておく。
  • 人通りの少ない夜間はタクシーを利用して、歩く時間を最低限にする
[/colored_box]

ことで、はじめてのフランス旅行であっても、被害に合う確率はかなり減らせるはずです。

フランス、特にパリでは、路上で物乞いをしているシリアからの方々や、駅のホームなどで寝泊まりしている人などが増えており、日本ではあまり見かけないので驚くみなさんもいると思いますが、

こういう方々は旅行者に危害を加えてくる人たちではないので、安心していただきたいです。

みなさんのフランス旅行がたのしい思い出だけになりますように!

 

スポンサーリンク

-フランス旅行お役立ち
-,

Copyright© フランスのあおいそら , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.