パリ旅行お役立ち

パリのトラムの乗り方やメトロへの乗り継ぎ、治安について知りたい!

更新日:

旅の1日を有効に使うのにタクシーやUBERは便利だけど、地元のひとたちと同じような電車やバスを使うのも旅の楽しみのひとつとも言えると思います。

パリの交通手段には地下鉄(メトロ)、パリ郊外まで伸びている高速地下鉄(RER)、バスの他に、路面電車(トラムウェイ)があります。フランスでは「トラム」と呼ばれています。

地下鉄と同じチケットが使えますし、運行本数も多いので、行先によってはとても便利です。

今日はパリのトラムの乗り方、メトロへの乗り継ぎの仕方、治安は問題ないのか、という点についてお話します。

スポンサーリンク

パリのトラムの乗り方

切符の買い方は地下鉄(メトロ)と同じです。

行き先がパリ市内ならメトロと同じTicket+を購入することになりますし、カルネと呼ばれる回数券を持っていたり、乗り放題系のチケットを持っていたりすればそのまま使えます

乗り放題系のチケットの場合は、乗る前に路線図を見て、トラムの通っているゾーンが自分のもっている乗り放題系のチケットのゾーンと同じであることを確認しましょう。

トラムは路面電車なので、ホームは道路から直接アクセスできます。そのとき道路を渡ると同時に線路を渡ることが多いので、発車間際のトラム、車、自転車、バイクなどに気をつけて渡ります。

改札口はないので、トラムに乗ったら、車内でチケットを必ず刻印するか、マシンに通します。これをしていないと検札にあったら罰金になります。

罰金はクレジットカードでも払えるので、旅行者とはいえ言い逃れはたいへんしにくいです。

(。ŏ﹏ŏ)

駅についたらドアは自動で開きます。開かない時は中央にドアを開けるボタンがあるので押します。

パリでトラムからメトロに乗り継ぐには?

乗り換えの駅があっているか心配な時は、メトロの駅が近いところには、駅やトラムの中の停車駅表示の駅名のところにメトロマークが付いているので確認します。

駅で降りたらほぼ段差もなく、簡単に道路に降りられます。メトロの駅に向かって気をつけて線路を渡りましょう。こちらの新聞記事によると、やはり年に2ー3人はトラムに轢かれる事故が起きているとのことです。

車両はいつも右側通行なんですが、踏切はないですし、わたしはともかく右も左もキョロキョロして渡っています。

スポンサーリンク

トラムで使ったチケットTicket T+は地下鉄との乗り換えには乗車時間にかかわらず使えないので、新しいTicket T+が必要になります。

トラム同士の乗り換え、バスからトラムへの乗り換えであれば、はじめにチケットを刻印してから次に刻印までに1時間半以内なら可能です。

チケットの刻印時刻はチケットの裏を見ればわかることもありますが、印字が薄かったり、刻印の機械が古かったりすると刻印内容は解読不能なので、一番いいのは自分の乗っただいたいの時間を覚えておくことですね〜

乗り放題系のチケットを持っている方は乗る前に行き先のゾーンが自分の持っているチケットのゾーン内なのか確認してから乗りましょう。

パリ市内近郊の電車には日本のような乗り越し精算制度はなくて、運悪く検察にあってしまうと罰金対象なので気をつけましょう( ̄∀ ̄)

パリのトラムの治安はどう?

わたしが乗るトラムはパリの南や西側を走るラインT2やT3がほとんど。そもそもトラムはどの線もまだ開通して数年しか経っていないので、車内はきれいだし混んでいても不安は感じることはないです。

でも他のラインはどうなんだと思って過去の新聞記事を調べて見たところ、暴力沙汰は地下鉄メトロや高速地下鉄RERの中で起きることはままあってもトラムではほとんどないようで、みつかった過去の記事は1件のみ。

2017年4月にパリの北側を通るラインT8で、平日の夜19時40分ごろに10人ほどの男たちが乱入してきて、バットやハンマーで20代の男性乗客を殴り、催涙ガスを噴霧して逃げていった事件があったとのこと。

ただこの地域は観光客がいく地域ではないですし、10人ぐらいが一気に一人を襲ったというのは知り合いだった可能性もあるし、新聞記事でも¨トラムで起きた稀な暴力事件¨と記されています。

ということで治安の問題はほとんどないと言えると思いますが、フランスではスリがいるのは治安が悪い、とは表現しないんです(_ _).。o○

スリはどんなところにもいます。ポケットの中、背中のリュック、ポーチやカバンのチャックなどにはどんなときにも気を配るようにしましょう。

まとめ

トラムは乗り降りが楽で、開通してからまだ数年ということもあり、電車も駅も綺麗で使いやすいので、かなり便利だなと思います。

線路を滑るように走るので、かなり乗り心地も良いです。

何より地下鉄と違って、車窓から普段着のパリの風景を眺められるのがわたしのお気に入りです。

くれぐれもスリとホームを降りた後の安全には気をつけて、たのしんでいただけたらいいなあと思います!

スポンサーリンク

-パリ旅行お役立ち
-, ,

Copyright© フランスのあおいそら , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.