パリ旅行お役立ち

パリ革命記念日に行われるイベントは?花火の時間、穴場スポット情報

投稿日:

フランスの祝日の1つ、パリ祭とも呼ばれるフランス革命記念日。

革命記念日ならではの過ごし方を楽しみつつ、祝日だって1日しっかり充実させたい。

この日のイベントや空き時間はどうすごす?花火はどこで見る?

そこで、フランス在住者の情報として、パリ革命記念日に行われるイベント、花火の時間とベスト鑑賞ポイント、穴場スポット情報について、お知らせしたいと思います。

 

パリ革命記念日に行われるイベントは?

フランスの革命記念日である7月14日はまず午前10時に始まる軍事パレードからスタートします。

大統領も参列するパリの革命記念日の軍事パレードは詳しくこちらでまとめてます!

午前中で終わります。

このあとは夜21時15分から、エッフェル塔のあるトロカデロ広場で始まるコンサート(入場無料)までは、大きなイベントは特にありません。

エトワール凱旋門は、パレードが終わった後も終日中に入ることはできません。

 

祝日だしお店やってなさそうだし、暇だなーって心配ですか?

大丈夫です。

この日は問題なく、パリでショッピングが楽しめますよ!

この日はプランタン、ギャラリー・ラファイエット、ボンマルシェはじめ、パリの百貨店はオープンしていますし、ディズニーランドのそばのアウトレットであるla Valée Village ラ・ヴァレ・ヴィラージュやすぐ隣のショッピングモールVal d'Europe ヴァル・デューロップもオープンしていますよ。

8月6日まで夏のセールが開催されているし、このときに残っているものは2度以上値下げされていることが多いので、掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!!

 

もしくは、レストランで遅めのランチを予約しておくのはどうでしょうか。

オペラにある「Le Grand Café Capucines」はパリらしい雰囲気の店内で、海の幸から肉料理までを楽しめるお店。

 

観光客向きのお店ではあるけれど、24時間オープンで年中無休。

日本人に慣れているので特にフルコースを頼む必要もないし、インターネットサイトで時間と人数を簡単に予約できるし、お店に日本語メニューもあるので、気が楽です。

わたしがご案内する日本からお客様には、本格的なオニオングラタンスープや大きなシーフードプレートが人気です。

 

パリ革命記念日の花火の時間は?

パリのエッフェル塔で上げられる7/14の革命記念日の花火の時間はなんと23時、夜の11時から約35分間です!

パリの花火大会は始まるのがずいぶん遅いなーと思われるかもしれませんが、このくらいにならないと夏のパリの空は暗くならないのです。

 

もしこのパリの革命記念日の花火をエッフェル塔の近くで見たいとおもったら、21時15分から始まる夜のコンサートが始まる前、20時にはエッフェル塔のすぐ下、コンサート会場でもあるChamp de Mars シャン・ド・マルス公園か、セーヌ川をはさんで反対側でエッフェル塔の北側のJardins du Trocadéroトロカデロ庭園にいたほうがいいです。

もうずいぶん前になりますが、わたしがシャン・ド・マルス公園で花火を見たときは、ずいぶん待ち時間が長く感じましたが、芝生の上に座ることができました。

Esplanade des Invalides アンヴァリッドの広場も同じく座って見られるポイントですが、ここもすごい人になるので、同じくらいの待ち時間を覚悟して、場所取りするべきです。

 

パリの花火を楽しめる穴場スポット

8時から3時間ほど、地元フランス人は思い思いに飲み物やおつまみを持って、仲間と会話を交わしながら楽しそうにこの待ち時間を過ごしているのですが、少人数の観光客にとっては、ちょっと苦痛すぎる時間・・・

そこで、パリの花火を楽しめる穴場スポットをいくつかご紹介してみますね。

 

ホテル

高層ビルのパリのホテルが狙い目です。

ほんの一例ですが・・・

  • シャングリラホテルのテラス

■住所
Shangri-La Hotel Paris
10 Avenue d'Iéna
75116 Paris 16
www.shangri-la.com

 

  • ラファエルホテルのバー、「La Terrasse」(夏季のみオープン)

■住所
hôtel Raphael
17, avenue Kléber
75 Paris
www.raphael-hotel.com
バーは16時から。

 

  • ノボテルのラウンジバー(夏季のみオープン)

■住所
Novotel Vaugirard
257, rue de Vaugirard
75015 Paris 15

 

ラウンジに入るときは、バーのメニューを確認して入りましょう。笑

エッフェル塔の見えるパリのレストラン

事前予約必須、パリ祭の花火を見るのに人気のエッフェル塔のレストランの一例です。

  • ペニンシュラホテルのL'Oiseau Blanc

■住所
Hôtel Peninsula Paris
19, avenue Kléber
75116 Paris
paris.peninsula.com

しかし、ディナーは595€、シャンパンとおつまみだけでも295ユーロです・・・

 

  • Terrass'' Hôtelのレストランバー

■住所
Le Terrass’’ Hôtel
12-14 Rue Joseph de Maistre
75018 Paris
www.terrass-hotel.com

この日のメニューは一人190€のみ。

 

  • メゾン・ブランシュ

■住所
Maison Blanche 
15, Avenue Montaigne
75008 
blog.maison-blanche.fr

この日のメニューは一人315€のみ。

 

大晦日やクリスマスなどの特別な日には、フランスのレストランは特別メニューだけをサービスすることがあります。

評価サイトを見てこの日予約しても、エッフェル塔が見えて人気のレストランではこの日はメニューが1つしかないことが多いので、予約時に必ず確認するようにしましょう。

 

パリのセーヌ川クルーズ

こちらも事前予約必須ではありますが、セーヌ川クルーズなら、おちついて花火を見ることができます。

食事の質は落ちますが、レストランの予算で、ディナークルーズを予約することも一案ですよね。

この日の運行時間はスペシャルなスケジュールになっていますので、必ず各会社のホームページを確認してくださいね。

Bateaux-Mouches
■時間
20時半にアルマ橋 Pont de l’Alma集合、21時出発、22時45分まで
■料金
子供料金 : 68 € (飲物、食事つき)
大人料金 : 180 € (飲物、食事つき)
www.bateaux-mouches.fr

 

Vedettes de Paris
■時間
19時から23時50分まで
■料金
47 €(シャンパンのサービスつき)
75 €(シャンパンと軽食つき)
www.vedettesdeparis.fr

 

Bateaux Parisiens
■時間
19時にPort de la Bourdonnais
■料金
サービス内容により3種類、155€、190€、220€(食事つき)
www.pariscroisieres.fr

 

Le Diamant Bleu
■時間
19時半にport d'IvryのEscale d'Ivry、約3時間半
■料金
149€(飲物、食事つき)
www.le-diamant-bleu.fr

 

Capitaine Fracasse
■時間
20時からPont de Bir-Hakeim、23時50分まで
■料金
3歳から12歳までの子供料金 : 99 €(飲物、食事つき)
大人料金 : 129 €(飲物、食事つき)
www.lecapitainefracasse.com

 

Grand Bleu
■時間
19時半からノートルダムのEscale La Tournelle 、23時55分まで
■料金
130€(食事つき)
www.legrandbleu.fr

 

パリの公園や観光スポット

エッフェル塔はセーヌ川沿いのところにあるので、パリの中でも海抜の低い位置にあります。

特に、エッフェル塔の近くの施設や、遠くならパリで高台になっているところが狙い目です。

例えば・・・

  • Sacré-Cœur サクレクール寺院
  • Palais de Tokyo パレ・ド・トーキョー
  • Butte Montmartre ビュット・モンマルトル
  • Parc de Belleville ベルヴィル公園
  • Grande Arche de la Défense 新凱旋門
  • Tour Montparnasse モンパルナスタワー

ただエッフェル塔から遠くになると、花火が上がる音がほとんど楽しめなくなるのが残念なポイントではあります。

 

パリの橋

ともかく待ち時間はいや、思いつきでふらっと花火を見てみたい。

それなら橋もパリの花火の鑑賞スポット。

  • Pont de l'Alma アルマ橋
  • Passerelle Debilly ドゥビリ橋
  • Pont-Neuf ポン・ヌフ
  • Pont Alexandre III アレクサンドル三世橋
  • Pont des Arts ポンデザール
  • Pont De la Concorde コンコルド橋

など、セーヌ川にかかる橋からも花火はきれいに見えます。

しかし、穴場スポットというよりは、地元フランス人の人たちが多く集まるので、ものすごい人であることは間違いなしです。

 

エッフェル塔の周りの通り

L'île aux Cygnes 白鳥の島(自由の女神がある小道)や、エッフェル塔近くのla promenade d'Australieなどの散歩道はかなりの人ごみになりますが、特にここ、と決めずに、近くまで行ってみて、エッフェル塔の周りの通りで、自分なりのベストスポットを決めるのもひとつの手です。

この地図の範囲くらいでエッフェル塔が見える通りを選べば、比較的しっかり花火を見ることはできます。

しかし少し高台になっているロカデロの周りや大きな通りでエッフェル塔がよく見える場所はものすごい人です。

スリにも気をつけたいですが、一緒の人とはぐれてしまうほど混んでいるので、特にお子さん連れの方は気をつけましょう。

スポンサーリンク

-パリ旅行お役立ち
-

Copyright© フランスのあおいそら , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.