フランス旅行お役立ち

フランスのタクシーで領収書・レシートをもらう時、なんて言う?チップ込みにできる?

更新日:

お仕事でフランスにいらしたみなさん、もしくはこれからいらっしゃるみなさん、こんにちは。お疲れ様です。

プライベートと違って、仕事のときはフランス国内、パリ市内の移動手段にタクシーを使うこと、多いですよね。

わたしもよく使いますが、パリ市内の移動に20ユーロとか、出張帰り、空港からの自宅まで80ユーロ近くとか、1回使っただけでもかなりの金額になるので、会社から払い戻しを受けるために領収書は必須です。

フランスのタクシーの場合、領収書は必ずもらうことができるので、その点安心できますよ。

ところで、フランスのタクシーで領収書をもらう時なんて言えばいいの?ランス語で領収書ってなんて言う?チップを払ったらもしかしてチップ込みのレシートはもらえる?

今日はそんな疑問をお持ちのみなさんに、お答えしてみたいと思います。

スポンサーリンク

領収書はフランス語でなんといえばタクシーでもらえるの?

Un réçu, s'il vous plait. アン・レシュ・シルヴプレ

といえばもらえます。Un réçuとは英語のレシートと同じです。

ただ、すっかりこのフレーズを忘れてしまったとしても、あんまりこの運転手さん、英語が通じないかもしれないなあと思っても、そんなときは「レシート・プリーズ」でちゃんと通じますよ。

でも短いフレーズですし、英語にも似てますし、できれば覚えてこの言葉だけでもフランス語を使うと、運転手さんが反応してくれることもありますし、うまく通じたら旅のヒトコマが少し楽しくなりますよね。

 

フランス語にはいくつか領収書に当たる単語がありますが、タクシーのときはUn réçu アン・レシュが一番自然な表現です。

une facture ユヌ・ファクテュールというと英語で言えばインボイスとなって、どちらかというと請求書という意味で使われるし、une quittance ユヌ・キタンスというと主に家賃や税金の支払いのときに使われるので、タクシーでは使わないですね。

 

フランスのタクシーでレシートを発行してくれないことはある?

フランスのタクシーではタクシーの運転手がレシートをめんどくさがって出してくれないなんてことはない?

安心してください!フランスの法律では下記のことが決まっています。

  • 税込25ユーロ以上の運賃については、乗客がもし何も言わなくても、タクシーの運転手は細かく内訳の書かれたレシートを発行しなくてはならない
  • 乗客から依頼があれば、それ以下の料金についても運転手はレシートを発行する

領収書に書かれる詳細は具体的に以下の項目です。

フランスのタクシーのレシート必ず書かれていなければならないこと

  • 乗車日
  • 乗降時間
  • タクシー運転手、もしくはタクシー会社の名前
  • タクシーのナンバー
  • (必要時に備えて)クレームのあて先
  • 最低運賃が7.10ユーロであることの明記
  • 追加料金なしの税込乗車運賃
  • 追加料金を含めた税込乗車運賃
  • 追加料金の詳細 (深夜料金、悪条件走行追加料金(雪や凍結)、4人以上の乗車、ペットや荷物)
  • 乗客名 (乗客の希望時)
  • 乗降場所 (乗客の希望時)

 

フランスのタクシーに頼めばチップ込みのレシートを出してもらえる?

フランスでタクシーを利用したとき、義務ではないですが、チップを払おうかな、と思う方もいらっしゃると思います。

スポンサーリンク

フランスは税金や支払わなくてはいけない社会保障費が高いので、お客さんがもしチップをくれたら、運転手さんもとっても喜んでくれると思います。

 

もしくは別にチップをあげたいと思ってるわけじゃないんだけど、小銭は増やしたくないという方もいるかなと思います。

フランスのタクシーは、法律で必ずクレジットカードリーダーを用意しておかなくてはならないことになっているのですが、主に個人タクシーでまだクレジットカードで払えないことが多いのが現実です。

だから普段ほとんど現金を持ち歩かないわたしも、タクシーの支払いには現金を使うことが多いですが、きりがいいくらいの金額に切り上げて、チップとすることが結構あります

 

このとき「チップ込みの値段を領収書に書いてもらえる?」という疑問をお持ちになる方、いるかもしれません。

でも、以前は運転手さんに言えば可能でしたが、最近ちょっと難しくなりつつあります。

 

たとえばこちら、以前、フランスのタクシーでわたしが実際にもらった領収書の写真。

上から、(黒く消してしまいましたが)タクシー運転手の名前、ナンバーがあり、そのあとレシート発行時間、乗降日時、追加料金なしの乗車料金、追加料金として迎車料金が書かれており、税込の料金総額と、付加価値税(消費税のようなもの)10パーセントにあたる金額の明記がされています。

一番下でさらに黒く消したところには、運転手さんが手書きで書いてくれた乗降場所が書かれています。

25ユーロ以上の場合は、こんなふうにがっちがちで印刷されて出てくるNote(ノート)と呼ばれる領収書が多いので、チップ込みの金額を書いてもらうことはできません。

 

25ユーロ以下の乗車料金のときに、もしレシートを手書きで書いてくれる場合は

Un réçu pour 25 euro, s'il vous plait. アン・レシュ プル ヴァン・サンク ユロ シルヴプレ 

と、払いたい金額を言えば書いてくれます。

でも数字をフランス語でいう自信がなかったら、

for 25 euro

ここの部分だけ英語で言っても大丈夫です。

ただパリのタクシーG7のような大手タクシー会社を利用した場合は、金額にかかわらず、手書きで領収書を発行してくれる可能性はかなり低いと思うので・・・会社が払い戻ししてくれるからとタクシーの運転手さんにチップを大盤振る舞いしてしまって、あとから後悔しないようにしたいですね。

=4月4日追記=

先日タクシーG7に乗ったとき、25ユーロ以下で手書きの領収書でした!

 

どうしても会社から払い戻しを受けたかったら、チップは別に渡して、別途紙に金額を書いて、運転手さんにサインをもらう、ということは可能です。

事前に会社が払い戻してくれる条件を確認しておきたいですね。

 

スポンサーリンク

-フランス旅行お役立ち
-, ,

Copyright© フランスのあおいそら , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.