生活お役立ち

タクシーでパリ以外の定額、ニース空港から市内やカンヌも!チップは?

投稿日:

2019年1月、フランスのタクシー料金制度の改定がありました。

わたしはパリ郊外に住んでいるので、パリ市内とパリ北部にあるシャルル・ド・ゴール空港と、パリ南部にあるオルリー空港のタクシー運賃が定額なのは知っていましたが、地方都市では空港と市内へのタクシー料金も同じような制度があるのか?これを機会に調べてみたところ、ニース空港と、ニース市内・カンヌ・モナコとの間に固定料金があることを知りました。

そこで今日は、パリの空港と市内のタクシー料金の定額制度にあわせて、ニースやカンヌなど地方ではどのようなタクシー定額制度になっているのか、またニースのタクシー料金の相場についてまとめ、最後にフランスのタクシー料金が定額の時のチップについてもお伝えしたいと思います。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

パリの空港と市内間のタクシー料金の定額制度2019

2016年3月からパリ近郊の空港であるシャルル・ド・ゴール空港とオルリー空港と、パリ市内の間は定額料金が適用されています。

2019年の改定でも、この点には変更はありません。

シャルル・ド・ゴール空港とパリ市内の場合は、パリ市内の到着地がセーヌ川より北側(右岸)なら50€、南側(左岸)なら55€です。

オルリー空港とパリ市内の場合は、パリ市内の到着地がセーヌ川より北側(右岸)なら35€、南側(左岸)なら30€です。

当然のことながら、この定額料金は距離や時間に関係なく一定の料金です。

というのも、シャルル・ド・ゴール空港の近くにパリ・ノール・ヴィルパントという見本市会場があって、本来ならパリ・ノール・ヴィルパントからパリ市内のほうが、シャルル・ド・ゴール空港から市内よりもずっと距離が短いのですが、夕方の渋滞に巻き込まれると、パリ・オペラ地区まで戻ってくるのに80€ほどかかるのはざらです。

タクシーの運転手さんに聞きましたが(運転手さんにしてみれば、何を聞くんだというところでしょうが)、いくら空港の近くからだろうが、空港からでないと、この定額料金を適用することはできないということでした。

 

ニース空港とニース市内やカンヌの間のタクシー料金も定額

パリ市内と空港の間のタクシーの定額料金の制度は、フランス政府によって定められているものですが、タクシー料金の定額料金が適用されている地方の空港はニース・コートダジュール空港です。

南仏のニースの空港、ニース・コートダジュール空港と、ニース市内の間は32€、カンヌ市内の間は80€モナコでは90€です。

この価格は乗車する時間帯に関係なく、24時間適用されます。
(参考:taxiproxi.fr

 

トゥールーズの空港から主要鉄道駅や市内へのタクシー料金も定額料金が適用される事がありますが、フランスのインターネットサイト情報をtaxiproxi.frや政府の公式サイトService-Public-proのサイトを読むと、タクシー会社独自に設定しているもので、必ずしも適用されるわけではないので、予約時や乗る前に確認・交渉する必要があります。

 

ニースのタクシー料金の相場は?

パリ市内と空港の定額料金に比べてニース空港のタクシーの定額料金は結構高いと感じたので、そもそもニースのタクシー料金制度について調べてみました。

スポンサーリンク

ニースのタクシーの料金カテゴリーは政府によって決められていて、その上で、ニースのある県、Alpes-Maritimes(アルプス=マリティム)が定める料金があります。

こちらは2018年の料金表ですが、

初乗り料金 料金カテゴリーA 料金カテゴリーB 料金カテゴリーC 料金カテゴリーD 1時間あたりの料金
平日昼間の時間帯で戻りの乗客をそのあと乗せられるとき。 平日夜間、日曜祝日の昼間で戻りの乗客をそのあと乗せられるとき。 平日昼間の時間帯で戻りの乗客をそのあと乗せられないとき。 平日夜間、日曜祝日の昼間で戻りの乗客をその後乗せられないとき。 日・時間帯にかかわらず
3,50€ 1,06€/㎞ 1,45€/㎞ 2,12€/㎞ 2,90€/㎞ 26,00€

(参考:アルプス=マリティム政令2018書類

もし乗車して、すぐ降車することになっても、最低料金である7,10€は支払わなくてはいけません。

タクシーを待たせる時間は1時間あたりの料金をベースに計算されます。例えば予約してタクシーが到着してから15分待たせれば、6,50€課金されるということになります。

これに、予約料金や、荷物やペット、4人目の乗客に対する追加料金が別途加算されます。

カンヌも同じAlpes-Maritimes県に位置しているので、この料金制度は同じです。

ニースの空港と市内の距離は自動車の道路ベースで10㎞未満、カンヌとの間は27㎞、モナコとの間は30㎞なので、もし渋滞がなくてすんなり走れば、定額料金よりも普通の料金設定のほうがお得になる気がしますが、実際に乗ると、渋滞や信号があって結構かかるのかもしれません。

 

パリ市内と空港間など、タクシー料金が定額だった場合、チップはどうする?

最後に、パリ市内と空港間、ニース空港から市内やモナコなど、フランスのタクシー料金が定額だった場合、チップはどうしたらいいのか?という点についてお伝えします。

他の記事でもお話しているとおり、フランスではチップは義務ではありません。

ご参考まで〜

ただ、フランスのタクシーの料金は内税ですし(付加価値税10%)、タクシー会社に勤めている運転手さんにとっては、すべてが収入になるわけではないので、チップをもらえるとありがたいことは間違いありません。

もし運転手さんに良くしてもらったり、楽しい旅の思い出になるようなひとときを過ごせたときは、コインで1〜2€ほど添えてあげるといいですね。

 

まとめ

パリ市内と空港の間のバスや電車は正直便利とは言えず、多少料金ははりますが、フライトで疲れた後に空港出口からすぐ乗れるタクシーで、自宅やホテルまで一気に送ってもらえるのはありがたいことです。

なれない土地のタクシー料金は騙されるのではないかと不安になることもありますが、フランスのタクシーは比較的良心的だと思います。

フランスのタクシーは危険と書かれている情報もありますが、貴重品が入った荷物が外から見えないようにしておくだけで、襲われる可能性はかなり少なくなりますし、運転手さん自体はいい人が多いです。

フランスのタクシーを賢く活用して、旅の限られた時間内で、素敵な時間を過ごしていただけますように。

スポンサーリンク

-生活お役立ち
-, ,

Copyright© フランスのあおいそら , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.