パリ旅行お役立ち

RERと地下鉄の乗り換え時の注意点、パリのメトロの工事が心配な時は

投稿日:

パリの電車やメトロは工事や故障による遅延が年がら年中あって、慣れたこととはいえ、わたしももううんざりしてます。

観光の場合はあまり乗らない高速地下鉄RERも、ディズニーランドパリやヴェルサイユ宮殿に行くときに便利なので、ぜひ使いたいところじゃないですか?

パリやその近郊に住んでいるわたしたちはある程度情報が定期的に入ってきますが、パリ旅行に来るためだけに、パリのメトロの工事の状況を全部把握するなんて当然無理ですし、面倒ですよね?

だけど、観光中は時間を無駄に使いたくないし、メトロからRERに乗り換える方法でスムーズに行かれるのか心配。。

そこで今回は改めて、パリでRERと地下鉄の乗り換えをするときに注意したい点、普段、パリ近郊に住んでいるわたしがどうやって工事の影響を受けないようにメトロやRERの乗り換え情報をチェックしているか、についてお知らせしますね!

スポンサーリンク

RERと地下鉄の乗り換え時に注意したいこと

RERや地下鉄を乗り継いで、確実に到着地に時間までに到着する必要があるときは、ルートはわかっている、と思うときでも、わたしは電車の乗り換えサイトを使い分けしています。

 

RERと地下鉄メトロの乗り換えのルートは、パリ市内であればパリ交通公団の乗り換え案内のサイト、パリ市内と市外だったらフランス国鉄の乗り換え案内のサイトを使えば、どこで乗り換えるのが一番いいのか、最新情報を知らせてくれるので安心です。

 

RERと地下鉄メトロの乗り換えの治安が心配かもしれませんが、最近はパリ北駅やシャトレ・レアル駅も明るくなりました。

週末の夜間は酔った人が多いので近寄らないように気をつけていますが、怖い思いや薄気味悪い思いをしたことはあまりないです。

 

ただ、RERとメトロの乗り換えをするときは、いったん改札を出てまた改札を通るので、荷物をたくさん持っているときは、乗り換え案内に表示されている以上に時間の余裕を見たほうがいいです。

それと、パリから地下鉄に乗ってRERに乗り換えるとき、行き先がカルネのチケット(t+チケット)で行ける先かどうか、ゾーンを確かめて乗ってくださいね。

参考までにt+チケットだけで乗れる範囲をお伝えしておきますね。

t+チケットで乗れるパリの交通機関
  • パリのメトロ、ゾーン1内区間のRER、空港行きのバスOrlybus と Roissybusを除くイル・ド・フランス県内のバス、トラムウェイ、モンマルトルのモノレール

1枚のチケットで可能な乗り換え:

  • 乗車時間が2時間以内のメトロ同士の乗り換え(出口を出てはいけない)
  • はじめの改札通過から最後の改札通過までが2時間以内のメトロとRERの乗り換え(パリ市内のみ、出口を出てはいけない)
  • はじめの改札通過(検札)から最後のはじめの改札通過(検札)までが90分以内のバス同士の乗り換え
  • はじめの改札通過(検札)から最後のはじめの改札通過(検札)までが90分以内のトラム同士、もしくバスとトラムの乗り換え。
 

(参照:パリ交通公団の公式サイト

スポンサーリンク

 

さらに、日本のような降車駅での切符の精算システムはないので、乗る駅から降りる駅まで正しいチケットを持っている必要があります。

もし持っていない場合は、降りるときにパリからの金額を全額払わされるか、途中で検札があったら、罰金対象になってしまいます。

あと、スリ防止のためにも、パリだからといって、RERに乗るときにおしゃれな格好をしている必要もないです。みんなまったくおしゃれじゃないですし、電車が清潔でないことも多いので。

 

パリのメトロの工事で心配なときは

今、郊外への路線拡張や線路の更新などのために、パリはメトロや高速地下鉄RERは工事が多いです。

パリ市内の番号のついた1〜14のパリのメトロ同士の乗り換えでも、工事があって乗り換えができないこともしょっちゅうあります。

だけど当然、パリや近郊にいて、どこが工事かなんて覚えていられません。

 

でもあまり心配しなくても大丈夫です。

わたしも普段使ってない路線の工事は全く知らないですし~

 

昔は電車に乗ってから乗り換えできないことを知って、慌てて路線図とにらめっこしたことがよくありましたけど、今はパリ市内ならgoogle mapで乗り換えできる駅での案内が表示されるようになっています。

例えばパレロワイヤルっていうルーブル美術館近くのメトロの駅から、オペラ経由でRERのA線に乗り換える時を検索して、7番線に乗るコースを選択すると、googleマップが「9時33分にオペラ駅の3番出口のRue Scribeから降りて、300mを5分歩いて、オーベール駅の3番入り口Rue Auberから乗りなさい」、要は「歩きなさい」と言ってくれます。

間違って地下通路を使うようなルートを提案してきたりしないんです。

(なんでGoogleはRERの駅のオベールのことをオーベールって言うんだろ。発音とあってないし。)

 

ただGoogleマップは、その日の特別な交通事情まで把握できていないことがあり、特にパリ市外への乗り換え情報は正しくないことがあります。

もしRERの乗り換えも含めて、確実に乗り換えできるか心配なときはやはり、わたしはフランス国鉄SNCFのサイトを使って事前にチェックすることをおすすめしたいのでした!

 

RERと地下鉄の乗り換え時の注意点、メトロの工事が心配な時のまとめ

それではまとめます~

  • RERと地下鉄メトロの乗り換えのルートは、乗り換え案内の公式サイトを使う
  • RERと地下鉄メトロの乗り換えの治安はあまり心配ない
  • RERとメトロの乗り換えには、いったん改札を出てまた改札を通るので、荷物をたくさん持っているときは、乗り換え案内で表示される以上に時間の余裕を見たほうがよい
  • 日本のように乗り越し精算システムはないので、パリから地下鉄に乗ってRERに乗り換えるときは、持っているチケットで最後の駅までいけるかどうかあらかじめ確認しておく(検札があると罰金対象)
  • パリ市内ならgoogle mapで長期工事状況をふまえて乗り換えできる駅での案内が表示される
  • Googleマップは、その日の特別な交通事情まで把握できていないことがあるので、パリ市外への乗り換え情報はフランス国鉄SNCFのサイトで乗り換え情報の検索をしたほうがよい

これで、わたしも大切なアポイントを逃したことはないので、パリ観光で貴重な時間を無駄にしたくない場合も乗り切っていただけると思います!

ぜひパリ旅行をおもいっきり満喫してくださいね。

スポンサーリンク

-パリ旅行お役立ち
-, , ,

Copyright© フランスのあおいそら , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.