パリ旅行お役立ち

オベールとオペラ、RERと地下鉄の乗り換え不可で歩いてみた、注意点はこれ

投稿日:

パリのメトロの工事の多さには、長らくフランスに住んでいても、本当に悩まされて、振り回されてばかりいます。

いつも利用していたパリのメトロのOperaオペラ駅からRER A線に乗り換えるためには、地下通路でつながっているAuber オベール駅を利用してきたのですが、今、オベール駅は大改装中で、2019年の4月から約2年間、地下の連絡通路が閉鎖されています。

先日、地下通路を使ってパリ・オペラ駅からRERの駅オベールまで行こうとして、通路が閉鎖されていることに気がついて、オベールとオペラの駅の間を歩いたときのことをレポ、注意点をお知らせします!

 

スポンサーリンク

オベールとオペラが乗り換えできないから、地上を歩いてみた

パリのオペラ・ガルニエの正面のオペラ駅入口です。

これからRER A線沿いにあるわたしの自宅に帰宅します。

今日は地下を通ってAuber オベールのホームまでいこうと思ったら、

「そうだ、今メトロのオペラ駅とRERのオベール駅の地下通路は閉鎖中だった!」

ということで、歩いて行くことに。

早く帰りたい!一番最短を行きたい!

 

まず西側、オペラ座を正面に見たときの左側に渡ります。

横断歩道が今工事で道路の動線が微妙すぎて、車も強引に渡ろうとしますから、車にひかれないように、もはや自分で気をつけるしかありません。

 

道なりに左に折れます。

化粧品のMELVITAのお店などの前を通ります。

 

向こう側のガードレールに、オベールへはオペラ駅とは反対側に進む、の標識が見えます。

オペラ座をこんなふうに下から時計回りに回り込んだ感じです。

 

まだ西に進むので、Rue Scribeスクリブ通りを横切って渡ります。

横切りながら右手を見ると、奥にギャラリーラファイエットが見えます。

こういう風に時々ポールに挟まっている看板は、風やいたずらでくるくる回っていて当てにならなかったりするのですが、

間違えて百貨店のある方面、スクリブ通りに入ってはいけません。

スポンサーリンク

まっすぐ進みます。

すると、右手に小さくRERメトロのマークが出てきます。案内、ちっちゃ!

入り口到着です!

道路をはさんで正面から見るとこんな感じで、駅の入り口としてはわかりやすくないですよね。

迷っている日本人観光客の方に遭遇したことが何回かあります。

 

実際はAuber駅の前で渡ったのではなく、ネスプレッソのお店の前の横断歩道で右手に渡ったのですが、だいたいこんなふうに移動してきました。

googleマップ上は4分と出てますが、実際は結構人がいてぶつかりやすいですし、4分じゃ相当急がないとつかないと思います。

さらに、ここはスリの最強ルート!ものすごくたくさんスリがいます。

フランスに15年住んで観光客オーラの全くないわたしでさえも時に狙われる場所です。

ぜひ気をつけてください。

 

入り口の中を入ったら、とにかく一番下まで降ります。

右がエレベーター、左がエスカレーターで、右のエレベーターは4基くらいあるのに、今日時点ではしょっちゅうすべてが壊れていて、待ち時間が長いです。

左のエスカレーターで降りていくほうが気が楽かもしれません。

右側が動かない人、左側が歩いて降りていく人、という暗黙ルールになってます。

知らなくても大丈夫です。

そこはフランス、どいてくださいって遠慮なく言われますので笑

 

オペラからオベールに移動するときの注意点

それではパリのメトロのオペラ駅からRER A線ののオベール駅に移動・乗り換えするときの注意点をまとめます。

  • 2019年4月から約2年間、駅の地下通路は工事のため閉鎖されている
  • オベール駅の入り口は案内が小さくてわかりにくい
  • 徒歩で地上を移動する場合、googleマップでは4分とかかれているが、実際は4分以上かかる
  • スリの最強ルートなので、持ち物に注意する

ということで、オベールとオペラの間を徒歩で移動するときの注意点、参考にしていただけたらと思います!

確かにパリは電車の工事が年中多いのですが、パリ旅行に来るためだけに、パリのメトロの工事の状況を全部把握するなんて当然無理です。

 

そこで次に、RERと地下鉄の乗り換えができるか心配なときはどうすればいいのか、普段、パリ近郊に住んでいるわたしがどうしているか、についてお知らせしますね!

スポンサーリンク

-パリ旅行お役立ち
-, ,

Copyright© フランスのあおいそら , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.