旅行お役立ち

海外旅行の靴はヨーロッパの夏を2足でスマートに!おすすめのメンズは?

投稿日:

夏休みにヨーロッパ行きを計画中で、おしゃれなスタイルで街歩きしたいメンズのみなさま!

ヨーロッパ旅行の夏の靴選び、悩みますよね・・・

わたしの住むフランスでは、年齢層にかかわらず女性だけでなく男性も靴にこだわりを持つ人が多いなって感じます。

だけど旅行のときの荷物は最低限にしたいところ。意外に荷物の中でかさばるし、重たいんですよね、靴は・・・

そこでフランス、ヨーロッパで男性のみなさんがはいている靴を参考に、海外旅行、特にヨーロッパに必要最低限な男性の靴、夏のヨーロッパにサンダルを履くときの注意点、また旅行前に新しい靴を買うなら、どんな靴を選んだらいいのか、についてお話しますね。

スポンサーリンク

海外旅行の靴でヨーロッパ行きのメンズに必要最低限は?

ずばり、おしゃれメンズの皆様のヨーロッパ旅行には、靴は最低で2足ほしいところ。

 

必須の1足目は歩きやすいスニーカーです。

例えば石畳が多いパリは、かかとがすぐ痛むし、いくらおしゃれに歩きたくても、カチッとした靴で長時間歩くと疲れてきます。

日本ではなかなか立ち寄らない公園も、ヨーロッパにはフォトジェニックな場所がたくさん。

そんな時、土や芝生で靴が傷むことを気にするのは実にもったいない!

 

レザータイプのスニーカーや濃い色のスニーカーなら、多少ラフでシンプルな格好でも、おしゃれ感が出るし、フットワーク軽く動けます。

 

ジョギングシューズで待ち歩きも悪くないですけど、わたしの仕事場の近くのパリ・オペラ地区界隈だと、ジョギングシューズで街歩きしている人はあまり見かけないですね。

ランチタイムにジョギングする人たちも見かけますが、いくらいいジョギングシューズでも通勤シューズとお昼のジョギングシューズは分けていますね。

もし普段の待ち歩きスタイルはスマートに保ちつつ、旅行中の街でジョギングを計画されているなら、ジョギングシューズは1足別に持っていくことを考えたほうがいいと思います。

 

2足目に考えたい靴はきちんと感のあるシューズですね。

きちんと感のあるシューズといっても、ローファー、モカシン、デッキシューズなど、種類はいろいろありますが、着る服に合うのであれば、ビジネスシューズでもOKです。

 

ヨーロッパのブランドショップで気合を入れて買い物したいときだけでなく、特にドレスコードのないビストロやレストランでも、夜、男性がスニーカーで食事に行くのはちょっと残念だと思いますね。

というのも、わたし自身の経験では、アジア人だからサービスの質が悪かった、という思いをしたことはないですが(フランスの場合、店員さんが英語を話すのが得意じゃないからなんとなく避けられることはあります)、正直、顧客の見た目でサービスが変わるということは十分ありえます。

 

ヨーロッパの人は靴をよく見ていると普段からよく感じますが、ブランド品である必要は全くありません。

TPOをわきまえた格好をしていることが大切なのです。

わざわざ新しいものを買わなくても、現地で気に入ったものが見つかるかもしれないし、持って行く服に合わせやすい普段から履いている履きやすいフォーマルな靴でいいと思います。

ホテルのアメニティにシューポリッシュの布やスポンジがついていることも結構ありますし、履く前に、靴をきれいに磨いておくといいですね。

 

海外旅行の靴を夏に選ぶときにヨーロッパならコレに注意

夏の旅行なんだから、スニーカーじゃなくてサンダルでいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、ヨーロッパの夏は日本の夏のように蒸し暑くありません。

飛行機の機内やホテルも冷房で寒かったり、逆に全く空調もなくて(もしくは壊れてて)暑かったり、場所によってそのときの温度もまちまち

足をしっかり包む靴のほうがむしろ快適に長時間歩けます。

肌みせ度合いが高くなるからか、サンダルを履くとスタイルがかなりカジュアルダウンするんですよね。

写真をお見せするのが一番と思って、シャッターチャンスを狙った日は、女性はサンダルを履いていても、サンダルを合わせている男性はほんと見かけなかったんです。

ちょっと敷居の高いショップやレストランだと入りにくいですし、ただでさえ、ヨーロッパ人より若く見える日本人、レスペクトを受けないことも考えられます。

スペインやイタリアのおしゃれ男子も、夏であってもバミューダパンツにソックス、カジュアルなローファーやスニーカーを合わせているのをよく見かけます。

ビーチを中心に楽しむなら別ですが、待ち歩き中心のプランなら、夏の日差しが強いスペイン、イタリア、フランスの南のほうに行くにしても、スニーカーをメインシューズにすることをおすすめします!

 

海外旅行の靴でヨーロッパ行きにずばりおすすめのメンズシューズたち

海外旅行中はほしいものや食べたいものがいろいろあるし、履きなれた靴のほうが歩きやすいから、わざわざ旅行のためだけに、新しい靴を新調する必要はないと思いますが、実際どんな靴がいいのかわからないとか、この旅行を機に新しい靴があってもいいな、と思う方のために、夏のヨーロッパ旅行のメンズシューズにおすすめの靴を、具体的にご紹介しますね。

夏のヨーロッパ旅行におすすめのメンズスニーカー

夏のヨーロッパ旅行でメインシューズにしたいスニーカー。

レザーシューズや濃い色のスニーカーといっても、想像がつかない。

新しく買うなら旅行が終わった後も国内で履けるものがいいですよね。

夏ならではの白レザー

パリだと1年中見かける、ホワイトレザーのスニーカー。

特に夏のスタイルには涼やかで合わせやすそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【NIKE】 ナイキ AIR FORCE 1 07 エアフォース 1 07 315122-111 111WHT/WHT

価格:10800円(税込、送料無料) (2019/7/9時点)

このあたりは、一年中はいている人も多いし、値段を見ると同じ価格か、モデルによっては日本のほうが安いものもあるので、これから買う予定があるなら旅行前に購入するのもいいですよね。

 

ちなみに参考までですが、アディダスのスタンスミスだと、フランスのオフィシャルショップ(わたしはシャンゼリゼ通りによく行きます)に行くと、フランス限定モデルがあります。

こちらのタイプに似ています。

 

まっしろのレザーに、後ろのプルストラップが、フランス国旗のトリコロールになってるんです。

1足120ユーロ弱でお高めなんですが、スタンスミスが好きなわたし自身、今購入をちょっと迷ってます・・・

 

その他今日本で人気のホワイトレザースニーカーをチェックするならこちらから!

 

シンプルなカラーレザー

レザーの色モデルだと、ニューバランスやVANSのオールドスクールなど、シンプルなレザースニーカーも夏のさわやかなスタイルをいい感じで仕上げてくれそうです。

サマーカラーではなかったですが、今日、さっきすれ違ったシルバーヘアのおじさまがボルドー色のパンツにボルドー色のスニーカーを合わせててかなりオシャレだったですよ!

フランスの夏のセールでも、ニューバランスの靴は70~90€位するので、サイズがあれば、日本で買ったほうが安いのかもと思いました。

 

もちろん、そのほかにもおしゃれなカラーレザーのスニーカーがあるので、チェックしてみてくださいね。

 

夏のヨーロッパ旅行におすすめのきちんと感のあるメンズシューズ

きちんと感がありつつもカジュアルなシューズとしては、これなんかはとても南ヨーロッパのおしゃれなメンズの着こなしにあいそうなイメージです。

素足に履くようなスタイルでも、パンツをロールアップするようなスタイルでも使えますよね。

 

ともかく、おしゃれな街歩きがテーマのヨーロッパ旅行のための靴選びに大切なことは、

  • 自分の持っているワードローブに合う靴であるか
  • ヨーロッパ旅行が終わってからも履ける靴であるか

です。

結局、旅行が終わってから履けないような慣れないスタイルの靴で、旅行中アクティブにおしゃれに過ごすことは難しい。。。

 

今、日本で人気のメンズシューズのランキングを集めてみました!

今度のヨーロッパ旅行に持っていくスタイルに合わせた、履き心地のいい靴をぜひ選んでくださいね。

スポンサーリンク

-旅行お役立ち
-, ,

Copyright© フランスのあおいそら , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.